学術DB 日本の論文

論文 遠隔操作ロボットへの不随意的動作付加による存在感の向上 (マルチメディア・仮想環境基礎) Improvement of social telepresence by augmenting involuntary movements of a remote speaker ID 40020150297

著者
タイトル
遠隔操作ロボットへの不随意的動作付加による存在感の向上 (マルチメディア・仮想環境基礎) Improvement of social telepresence by augmenting involuntary movements of a remote speaker
注記・抄録

従来のディスプレイを用いた遠隔講義システムでは、聴講者が講演者の存在感を感じられないという問題があった。それに対し、テレプレゼンスロボットを活用することで、その存在感を補う可能性が見えてきた。しかし、テレプレゼンスロボットは講演者にとって話すこととロボットを操作することの二つの作業を同時に強いるため、講演者がどちらか一方の作業に集中した場合に講演の臨場感やロボットの存在感が損なわれることが課題となっている。本研究では講演者が身体的動作によりロボットを操作し、さらに講演者の不随意的動作をロボットに付加することでロボット操作に伴う負担を軽減し、講演者と聴講者双方の「対話者と対面で話している感覚」であるソーシャルテレプレゼンスの強化を目指す。将来、遠隔社会参加という潜在的ニーズを持つ高齢者と、若年者を講演者とした場合についてシステムを比較評価し、高齢者が遠隔就労の一形態として遠隔講義を行うことに対する本システムの有効性について検証した。

In the conventional remote lecture system using a display, there is a problem that an audience doesn't feel the presence of the speaker. For this reason, the possibility to compensate for the presence came into view by taking advantage of a telepresence robot. However, because a speaker is forced the two tasks of manipulating the robot and talking for the audience at the same time, the presence of the robot or a sense of reality of the lecture will be impaired when the speaker is concentrated on either. In this research, we aimed to improve social telepresence that means a feeling of talking face-to-face for both a speaker and an audience through reducing the burden associated with robot operation by a speaker and adding involuntary movements of a speaker to the robot. We evaluated our system where young people and elderly people with the potential needs of remote social participation took charge of speakers. Furthermore, we examined effectiveness of applying our system into elderly participation as speakers.

収録刊行物
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment
114
114
開始ページ
47
終了ページ
52
出版年月日
2014-07-01
出版者
一般社団法人電子情報通信学会 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
キーワード
NII論文ID NAID
40020150297
NII書誌ID NCID
AN10476092
本文言語コード
JPN
ISSN
0913-5685
データ提供元
NDL NII-ELS
外部リンク

関連論文

関連論文著者