学術DB 日本の研究

研究課題 骨格筋が異種細胞集団をインテグレートして機能的臓器を形成する仕組み Elucidation of mechanisms how skeletal muscle integrates different cell types to form a functional organ. ID KAKENHI-PROJECT-19H03233

サマリー

研究課題ID
KAKENHI-PROJECT-19H03233
研究課題名
骨格筋が異種細胞集団をインテグレートして機能的臓器を形成する仕組み Elucidation of mechanisms how skeletal muscle integrates different cell types to form a functional organ.
課題 領域番号
19H03233
研究種目
配分区分
  • 補助金 Single-year Grants
応募区分
一般
審査区分
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
  • 交付 2019年度
  • 交付 2019年度
配分額
  • 17,550,000円 直接経費 13,500,000円 間接経費 4,050,000円
  • 9,230,000円 直接経費 7,100,000円 間接経費 2,130,000円 2019年度
キーワード

これまで、骨格筋・腱・神経発生の研究などが、個々の分野で研究され、そこに関わる遺伝子・分子・細胞の詳細が解明されてきた。しかし、これらの異種組織がどのように集結し機能的に統合されて構造的・機能的に調和の取れた臓器として発達するのか、そのメカニズムには未解明なところが多い。骨格筋と相互作用する神経や腱を可視化したゼブラフィッシュ胚を観察すると、これらの集結は、発生過程の中できちんとプログラムされていることがわかってきたことから、この動物を用いて、これら異種細胞・組織の骨格筋への集結の仕組みを解明する。

2019年度

研究課題名
骨格筋が異種細胞集団をインテグレートして機能的臓器を形成する仕組み Elucidation of mechanisms how skeletal muscle integrates different cell types to form a functional organ.
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
交付
キーワード

これまで、骨格筋・腱・神経発生の研究などが、個々の分野で研究され、そこに関わる遺伝子・分子・細胞の詳細が解明されてきた。しかし、これらの異種組織がどのように集結し機能的に統合されて構造的・機能的に調和の取れた臓器として発達するのか、そのメカニズムには未解明なところが多い。骨格筋と相互作用する神経や腱を可視化したゼブラフィッシュ胚を観察すると、これらの集結は、発生過程の中できちんとプログラムされていることがわかってきたことから、この動物を用いて、これら異種細胞・組織の骨格筋への集結の仕組みを解明する。

関連研究者

出典 KAKEN 科学研究費助成事業データベース 国立情報学研究所 kaken.nii.ac.jp 作成 論文relation