学術DB 日本の研究

研究課題 細胞膜タンパク質HAI-1の切断を介した新規細胞間接着とがん転移促進機構の解明 ID KAKENHI-PROJECT-19K07047

サマリー

研究課題ID
KAKENHI-PROJECT-19K07047
研究課題名
細胞膜タンパク質HAI-1の切断を介した新規細胞間接着とがん転移促進機構の解明
課題 領域番号
19K07047
研究種目
配分区分
  • 基金 Multi-year Fund
応募区分
一般
審査区分
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
  • 交付 2019年度
  • 交付 2019年度
配分額
  • 4,290,000円 直接経費 3,300,000円 間接経費 990,000円
  • 1,300,000円 直接経費 1,000,000円 間接経費 300,000円 2021年度
  • 1,300,000円 直接経費 1,000,000円 間接経費 300,000円 2020年度
  • 1,690,000円 直接経費 1,300,000円 間接経費 390,000円 2019年度
キーワード

がん細胞表層の膜タンパク質 HAI-1 (hepatocyte growth factor activator inhibitor type 1)が、タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)で切断されると、細胞外へ放出されたHAI-1の断片が、がん細胞の細胞間接着を誘導し、その転移能を顕著に増強する。本研究では、HAI-1断片による細胞間接着誘導の分子メカニズムを解明するとともに、細胞間接着の誘導に関わるHAI-1断片機能部位の構造をベースに、細胞間接着阻害剤を設計し、がん転移抑制剤の開発に繋げる。

2019年度

研究課題名
細胞膜タンパク質HAI-1の切断を介した新規細胞間接着とがん転移促進機構の解明
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
交付
キーワード

がん細胞表層の膜タンパク質 HAI-1 (hepatocyte growth factor activator inhibitor type 1)が、タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)で切断されると、細胞外へ放出されたHAI-1の断片が、がん細胞の細胞間接着を誘導し、その転移能を顕著に増強する。本研究では、HAI-1断片による細胞間接着誘導の分子メカニズムを解明するとともに、細胞間接着の誘導に関わるHAI-1断片機能部位の構造をベースに、細胞間接着阻害剤を設計し、がん転移抑制剤の開発に繋げる。

関連研究者

出典 KAKEN 科学研究費助成事業データベース 国立情報学研究所 kaken.nii.ac.jp 作成 論文relation