学術DB 日本の研究

研究課題 アレルギー・寄生虫感染症克服に向けた好塩基球プロテアーゼの炎症惹起機構解明 ID KAKENHI-PROJECT-19K07501

サマリー

研究課題ID
KAKENHI-PROJECT-19K07501
研究課題名
アレルギー・寄生虫感染症克服に向けた好塩基球プロテアーゼの炎症惹起機構解明
課題 領域番号
19K07501
研究種目
配分区分
  • 基金 Multi-year Fund
応募区分
一般
審査区分
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
  • 交付 2019年度
  • 交付 2019年度
配分額
  • 4,420,000円 直接経費 3,400,000円 間接経費 1,020,000円
  • 1,300,000円 直接経費 1,000,000円 間接経費 300,000円 2021年度
  • 1,430,000円 直接経費 1,100,000円 間接経費 330,000円 2020年度
  • 1,690,000円 直接経費 1,300,000円 間接経費 390,000円 2019年度
キーワード

末梢血白血球の極少集団である好塩基球は、その希少性ゆえに長らく生体内における存在意義が疑問視されてきた。一方近年、好塩基球の画期的解析ツールが次々と開発され、好塩基球がアレルギーや寄生虫感染などの炎症病態においてユニークかつ重要な役割を果たすことが明らかになった。しかしながら、好塩基球がどのようにして炎症を惹起するのか、そのメカニズムは殆どわかっていない。本研究は好塩基球が選択的に高発現するプロテアーゼに着目し、その欠損マウスをアレルギー・寄生虫感染モデルを駆使して詳細に解析することで、好塩基球の炎症惹起機構を生体・分子レベルで明らかにし、新たな抗アレルギー薬・寄生虫ワクチンの開発を目指す。

2019年度

研究課題名
アレルギー・寄生虫感染症克服に向けた好塩基球プロテアーゼの炎症惹起機構解明
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
交付
キーワード

末梢血白血球の極少集団である好塩基球は、その希少性ゆえに長らく生体内における存在意義が疑問視されてきた。一方近年、好塩基球の画期的解析ツールが次々と開発され、好塩基球がアレルギーや寄生虫感染などの炎症病態においてユニークかつ重要な役割を果たすことが明らかになった。しかしながら、好塩基球がどのようにして炎症を惹起するのか、そのメカニズムは殆どわかっていない。本研究は好塩基球が選択的に高発現するプロテアーゼに着目し、その欠損マウスをアレルギー・寄生虫感染モデルを駆使して詳細に解析することで、好塩基球の炎症惹起機構を生体・分子レベルで明らかにし、新たな抗アレルギー薬・寄生虫ワクチンの開発を目指す。

関連研究者

出典 KAKEN 科学研究費助成事業データベース 国立情報学研究所 kaken.nii.ac.jp 作成 論文relation