学術DB 日本の研究

研究課題 Aβオリゴマー選択的プロテアーゼの開発に基づく神経変性機構の解析 ID KAKENHI-PROJECT-19K15694

サマリー

研究課題ID
KAKENHI-PROJECT-19K15694
研究課題名
Aβオリゴマー選択的プロテアーゼの開発に基づく神経変性機構の解析
課題 領域番号
19K15694
研究種目
配分区分
  • 基金 Multi-year Fund
審査区分
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
  • 交付 2019年度
  • 交付 2019年度
配分額
  • 4,160,000円 直接経費 3,200,000円 間接経費 960,000円
  • 1,560,000円 直接経費 1,200,000円 間接経費 360,000円 2021年度
  • 1,430,000円 直接経費 1,100,000円 間接経費 330,000円 2020年度
  • 1,170,000円 直接経費 900,000円 間接経費 270,000円 2019年度
キーワード

アルツハイマー病の発症にはアミロイドβの凝集体の一種・アミロイドβオリゴマーが関与するとされている。アミロイドβオリゴマーは神経細胞内外の様々な部位に局在すると報告されているが、どの部位のアミロイドβオリゴマーが神経変性の原因であるかは不明である。そこで本研究ではアミロイドβオリゴマーを選択的に分解するプロテアーゼを開発し、これを用いて部位ごとにアミロイドβオリゴマーが与える神経変性機構を解析する。

2019年度

研究課題名
Aβオリゴマー選択的プロテアーゼの開発に基づく神経変性機構の解析
研究機関
研究代表者
研究期間
2019-04-01 - 2022-03-31
課題ステータス
交付
キーワード

アルツハイマー病の発症にはアミロイドβの凝集体の一種・アミロイドβオリゴマーが関与するとされている。アミロイドβオリゴマーは神経細胞内外の様々な部位に局在すると報告されているが、どの部位のアミロイドβオリゴマーが神経変性の原因であるかは不明である。そこで本研究ではアミロイドβオリゴマーを選択的に分解するプロテアーゼを開発し、これを用いて部位ごとにアミロイドβオリゴマーが与える神経変性機構を解析する。

関連研究者

出典 KAKEN 科学研究費助成事業データベース 国立情報学研究所 kaken.nii.ac.jp 作成 論文relation